> カテゴリ
全体
私の政策・考え
仲間たち
日々の活動
議会
郷土
IT
未分類
>
> フォロー中のブログ
カテゴリ:日々の活動( 13 )
急傾斜地その後
 19日の午後2時から、先日ブログに書いた急傾斜地の現地調査がありました。
 現場に県や市の担当者、地元の土木委員さんをはじめとする関係者のみなさんといっしょに集まり、改修について相談しました。
 改修をするには一定の条件が必要なのですが、なんとかその条件を満たしているということで、県と市の担当者も前向きに取り組む旨約束してくれました。
 
 とりあえず、一安心です。
 一日でも早く改修されるようこれからも働きかけていこうと考えています。
[PR]
by miharaseisuke | 2007-03-24 08:33 | 日々の活動
朝立ち
「朝立ち」とは,業界用語で,朝,街頭に立って演説することをいいます。

 先日より倉敷市内(主に玉島)のいろんな場所で朝立ちをしています。

怪人20面相(若い人は分からないかも)のように神出鬼没な三原せいすけです。 

メガホンをもって,通勤中の車や歩行者のみなさんに私の政策を聞いてもらっています。

もし見かけたら声をかけてくださいね。手を振ってもらえると感激して声が大きくなると思います(笑)

もちろん,自動車を運転中の方は脇見運転で事故にならないようにしてくださいね。
[PR]
by miharaseisuke | 2007-03-18 13:12 | 日々の活動
ぼくらは生まれてよかったよ 産んでくれてありがとう
 15日は地元の幼稚園の卒業式に出席しました。
 40人の6歳児が思い出多い幼稚園を卒業しました。

 一人一人が卒業証書を園長先生からもらって、檀上で高々と掲げます。その誇らしげな顔は、すぐにも小学生になれそうでした。
 小さいながらみんなよい姿勢で式に参列することができていて、すばらしいです。

 きっと先生方と一生懸命練習したのでしょう、大きな声ではっきりと、心を込めて呼びかけをしていました。
 保護者の皆さんの中には、ずっとハンカチを離すことができない方もおられて、感動的な卒業式となりました。
 
 とくに、子どもたちが歌った「夢わかば」という歌は、私も胸に迫るものがありました。
 
♪ ぼくらは生まれて よかったよ ぼくらを産んでくれて ありがとう

私にも子どもがいるので分かりますが、小さい頃はいろいろ手がかかるものです。でも、それがまた、幸せであったりもします。
子どもたちにこのような歌詞で歌われると、生まれてからの様々な場面が思い出されるのです。

凛々しく立派に卒業した子どもたち。小学校でもますますがんばってほしいです。
また、この子達が目を輝かせてがんばれる社会を私たちはつくっていかねばなりません。

今日もまた、エネルギーをもらって帰ることができました。
[PR]
by miharaseisuke | 2007-03-16 20:07 | 日々の活動
あぶない!
 倉敷市内の方から、「急傾斜地が危険なのだが、改善できないか。」
という要望がありました。
 早速現地に行ってみると、なるほど危険な崖です。

 地元の方は、他の議員へお願いしていたそうですが、残念ながら動きがなかったそうです。

 10年以上の月日がたったとのことで、
「よく我慢されたね。」
と、思わず声をかけました。

 すぐに、倉敷市の建設課に事情を説明して、改良工事をするよう要望しました。

 市の担当者の話では、該当傾斜地の管理は岡山県なので、倉敷市から備中県民局工務二課へ申請をして、審査の上工事をすることになるそうです。

 そこで、3月19日に現地に市と県の担当者に直接来てもらって、地元の皆さんといっしょに要望をすることにしました。

 一日でも早く状況が改善されるよう引き続き努力していきたいと思っています。
[PR]
by miharaseisuke | 2007-03-14 18:50 | 日々の活動
県政報告会
e0117128_11262061.jpg
3月8日(木)に玉島公民館で県政報告会を行いました。
 年度末の忙しい中,400人近くの方が参加してくださって,私の報告を聞いてくださいました。感激です。
 時間がなくて,言いたいことを全部お話しすることができませんでしたので,補足を入れながら,報告会の様子を書きたいと思います。

--------------------------------------------------

 ◇ この4年間を振り返って
 まず,「教育・人づくり」については,県独自の教育職員の増員や少人数学級の実現,子育て支援などの窓口の一本化やスクールカウンセラーの増員を提案し,実現させることができました。
 また,子育て支援として,学童保育の充実と環境の改善に取り組みました。具体的な事例をもとに,地域・保護者・学校などの懇談会を実施し,連携強化を訴えました。

 次に,「安全・安心」については,玉島地区を襲った高潮被害が二度と起こらないように,災害対策の充実を強く訴えました。これは現在も運動を継続中です。
 また,弥高山や仙随山などの産業廃棄物の不法投棄の解決や改善に力を注ぎました。焼却灰やシュレッダーダストの撤去を行うことができ,不法処理の監視を強化することができました。

 その他,道路の改善・改良やアダプト事業による地域の環境美化の推進,学校などの耐震化なども行うことができました。
 「産業と交流」については,“大店舗法”の見直しとにぎわいのある街づくり,企業誘致や中小企業の支援策の充実,観光振興,地場産業の育成などに力を注ぎました。



 ◇ これからの決意
 私は,次の5つの政策の実現を目指して,県民の皆さんとともに精一杯努力していくつもりです。

 *子育て支援・教育の充実
 *安全・安心な社会の実現
 *人権の確立
 *環境に優しい地域づくり
 *地場産業で地域の活性化

皆さんのご支援をいただきながら,がんばっていきたいと思っています。
----------------------------------------------

 参加してくださった皆さんから伝わる熱気で1日の疲れが吹き飛びました。皆さんのご期待にそえるよう粉骨砕身努力していきます!
[PR]
by miharaseisuke | 2007-03-09 07:03 | 日々の活動
詩吟発表会
 2月25日(日)に詩吟の発表会に参加しました。
 私が到着したときには,すでに100名あまりの人たちが金光町民会館に集まって,発表をされていました。

 私は,「弘道館に梅花を賞す」を吟じました。


 前日の夜は,CDを聞きながら練習をしたのですが,本番の出来は緊張もあってか,自分ではもう一歩だったと思います。
 でも,吟じた後の皆さんのあたたかい拍手にすくわれて,気分よく会場を後にすることができました。
 これからも少しずつがんばって行きたいと思っています。
[PR]
by miharaseisuke | 2007-02-26 17:21 | 日々の活動
県政だより
三原せいすけ県政だより2月号ができあがりました。

三原せいすけの政策などについて書いてありますので、ご覧いただければ幸いです。

電話やFaXなどでご連絡いただければ送付させていただきます。また、三原せいすけ後援会ホームページ(http://www4.ocn.ne.jp/~smihara/index.html)の「活動記録」にも掲載しています。
[PR]
by miharaseisuke | 2007-02-23 22:08 | 日々の活動
道口川の浄化(12回目を迎えます)
2月17日に道口川の清掃活動がありました。
 道口川というのは、富田学区を通って、途中里見川に合流し、玉島港に注いでいる川です。

 玉島富田地区のボランティアグループ有志180人ほどの人たちが雨の中を活動されました。このグループの皆さんは、十数年前から毎年道口川を清掃して、新1年生に入学や新学期を迎えてもらおうとがんばっておられる人たちで、私も毎年参加させてもらっています。

 この日も、草苅りやごみ拾いなどに汗を流しておられました。
 残念ながら、今年は所用でゴミ拾いなどの活動をすることができませんでしたが、皆さんとあいさつをさせてもらい、「地域をよくしよう」というエネルギーを分けてもらって帰りました。

 現在、川の汚染原因は家庭排水が多くの割合を占めているそうです。調理をしたときの油や炊事をしたときの洗剤、生活ごみなどを減らすことができれば、川はずいぶんきれいになるそうです。
 
 玉島北中学校区では、道口川をはじめ、新倉敷駅北の花いっぱい運動、穂井田地区の弥高山産業破棄物問題など地域の環境をよりよくするために、地域の皆さんは活発に活動しておられます。
 今後も地域の皆様とともに、私も自分のできることを精一杯がんばろうと決意しました。
[PR]
by miharaseisuke | 2007-02-21 17:32 | 日々の活動
手厚い福祉
 仕事柄,地域の皆さんとお話しする機会が多いのですが,多くの皆さんに接してみて思うのは,ご高齢の皆さんがお元気だということです。

 巷ではいわゆる2007年問題が話題になっていますが,長年勤めた会社をリタイアされた後でも,町内会のお世話や地域でのボランティア活動,ご自分の趣味などに取り組んで “第二の人生”を謳歌しておられる方が数多くおられます。
 お手本にしたい方がたくさんおられることは幸せだと思っています。
 
 一方で高齢者のみのお宅も結構あり,ホームヘルパーやデイケアなどを使って生活している方もおられます。
 
 私の願いは,地域の皆さんみんなが,安心してくらせる社会をつくっていくことです。今まで社会のために貢献してこられた皆さんが安心して老後をすごせるようにすることは,とても大切なことです。
一人ぐらしのお年寄りが生き甲斐を見つけて,安心してくらしていけるように,今以上に福祉を充実させていかなければなりません。
私も,「みんなの幸せ」のためにこれまで以上にがんばっていきたいです。
[PR]
by miharaseisuke | 2007-02-11 12:35 | 日々の活動
学校カウンセラー
 今、学校現場では児童・生徒一人一人の様子に応じて教育を行う努力が続けられています。
 皆さんも「ADHD」(注意欠陥多動性障害)、「LD」(Learning Disabilities:学習障害)、自閉症などの言葉を聞かれたことがあるでしょう。一説には、学級の約6%の児童・生徒がこれら何らかの課題をもっているといわれています。
 学校現場の実情を調べてみると、一人の学級担任だけでかかわるには困難が伴う場合も報告されています。
 そこで、心理学の専門家を「学校カウンセラー」として採用し、児童・生徒のカウンセリングや教員への支援を行う仕組みができてきました。

 私は、学校現場の経験から学級担任一人だけでは限界があること、専門家による適切な支援が大切なことなどを早くから主張しておりましたが、今回、学校カウンセラーの増員をすることができました。
当初県下で40人だった学校カウンセラーが、来年度(平成19年度)からは80人程度に増員されます。これは、県下すべての中学校区165区に、2校に一人の割合で配置できることを示しています。
 これ以外にも、不登校児や人権教育を担当する児童支援加配教員の配置なども実現することができました。

 しかし、私はこれで十分だとは思っていません。児童・生徒一人一人のニーズに対応したきめ細やかな教育を行うために、まだまだがんばっていかなければならないと思っているところです。
[PR]
by miharaseisuke | 2007-02-07 19:46 | 日々の活動
   

岡山県議会議員 三原せいすけの奮闘日記です
by miharaseisuke
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧