> 安心して通学してもらいたい
 県議会一般質問の報告です。
 
 毎朝高校生でしょうか、里見川の土手を通学している人たちがいます。きっと遠くまで自転車をこいでいくのでしょう、ずいぶん早い時間に土手を通っています。
 その里見川の土手は、ボランティアの人たちが整備をしてくださるとはいえ、夏には雑草が生い茂って見通しが悪くなります。また、道幅の狭い場所もあり、安全に通学できる状況ではありません。
 土手の上流と下流の道は県の管理です。

 そこで、先日の一般質問で里見川の土手が整備できないかを質しました。

 残念なことに、里見川の土手の管理は倉敷市が行っているので、県が直接的に関わることはできないことが分かりました。
 縦割り行政の壁に阻まれた形です。
 
 私の願いは、安全な通学ができる状況にしたいということだったのですが、今回は願いが叶いませんでした。

 しかしながら、これからは市議会議員さんと連携するなどして引き続き努力していきたいと思っています。
[PR]
by miharaseisuke | 2007-03-25 08:52 | 議会

岡山県議会議員 三原せいすけの奮闘日記です
by miharaseisuke
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧