> カテゴリ
全体
私の政策・考え
仲間たち
日々の活動
議会
郷土
IT
未分類
>
> フォロー中のブログ
> 道なかば…。
 道なかばで急逝された中山 善喜(なかやまよしき)県議の遺志を継いで教職を辞し県議に立候補してから8年がたちました。
 
 この8年間、私なりに精一杯がんばってきたつもりです。
 
 自民党系県議が大勢を占める県議会のなかで、「みんなが安心してくらせる岡山県」を目指しての活動は、いつも平坦な道ではありませんでした。
 反対討論をしても多数決で可決されたり、逆に委員会で「少人数学級の推進に関する請願」などに賛成の意志を示しても否決されたりしたこともありました。

 一方、同会派の議員と連携しながら、少人数学級の実現、学校カウンセラーの増員などをはじめ、弥高山の産業廃棄物や台風・高潮への対策などについて一定の成果をあげることもできました。

 
 倉敷市玉島道口には、行き止まりの道があります。財政難の折から工事はすでに十年以上中断したままです。
 「あの道が開通したらどんなに便利になるだろう…。」

 私は、県の担当部署を何度も何度も訪れ交渉を重ねました。
 地元の人たちの利便性のこと、地場産業の発展に有益であること、交通渋滞の解消に役立つこと…。

 最初は全く取り合ってくれなかった担当者も、次第に話を聞いてくれるようになりました。
 
 工事が再開されるまでもう一息のところまでこぎ着けています。
 私は、ぜひあの道を開通させたいと思っているのです。

 私の「県議」としての「道」はいまだなかばです。
 ひょっとしたら、これからの道は曲がりくねった道かもしれないし、茨の道かもしれません。
でも、私が決断して選んだ道です。

 みなさんのあついご支援をいただきながら最後の最後までがんばっていきたいと思っています。
[PR]
by miharaseisuke | 2007-03-27 06:55 | 私の政策・考え

岡山県議会議員 三原せいすけの奮闘日記です
by miharaseisuke
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧